創生地の進むべき道

ちょっと嬉しくて飲みすぎた、liner-sです。
嬉しくなくても飲んでるやろっという厳しい突っ込みが聞こえてきそうですが。。

今日はとある専門学校へお邪魔してきました。
先生や学生の作品を創生地で展示させてくれないかという不躾な要望に、快く賛同していただけた校長先生はじめ、先生方には非常に感激しています。
来週行われる学祭を皮切りに、学校と連携をとれるような体制にしていけるように努力していきます。

学生と企業の掛け橋みたいな役割が創生地にあっているのではないかと、本日学校を訪問させて頂き感じました。
自分の作品に値段を付けて世の中に公表するという場が、学生の熱をさらに生み出すと考えます。


何か光明が見えた一日は、お酒も格別に美味しいものですね。
[PR]
by liner-s | 2004-11-14 00:32 | 管理人独走記事