腹痛について無駄に熱く語る男の話(春vr.)

b0054283_181324.jpg桜の下からこんにちは、管理人のライナーです。
今年も美味しそうに桜がたわわに実っていますね。

でも今年は食べませんよ。

同じ過ちを犯すのは高い所が好きな人と、ここの管理人ぐらいですからね。







そんなわけで、
b0054283_1861073.jpg

ぱっくんちょ。



・・・なんてね。今年は本当に食べませんでしたよ。
だって昨日飲みすぎちゃって朝から凄い下痢なんですもの。
朝方の4時ぐらいに肛門様の悲鳴で目が覚めちゃったぐらいですからね(*´.`*)

それにしても私はよくお腹を壊します。
飲みに行ったり、焼肉とか食べに行ったりした時には92.8%ぐらいの確率でお腹壊しますね。

朝方に。

もう何ていうか、あの睡眠中の腹痛時の自問自答はたまりませんよね。
眠いけど痛い。痛いけど眠い。

『起きるのか?それともこのまま自分を誤魔化して眠るのか?どうするんだ?どうするんだセバスチャン!?(誰?』

ってな感じで、布団の中でしばらくモゾモゾしているんですよね。

で、大概初回の第1波は誤魔化すことが成功して眠りにつけるもんなんですよね。

でも再び訪れる第2波の衝撃に半身を起すわけです。

自分でも驚くほど迅速な身の起し方なわけですが、目は頑なに閉じていたりします。

半身を起してもまだ、抵抗しちゃいます。

『そんな簡単に腹痛などに屈するわけにはいきません・・・からっ!』

ってな感じで、波が収まるのをしばらく無我の境地をつくり出してじっと待つわけです。
暗闇で半身を起し、目を閉じて小刻みに震えている私の姿は、まさに苦行に耐える修行僧。

そんな坊主の化身と化した私の元から、腹痛という悪魔の波は静かにその身を引いていきます。
額に滲む脂汗の拭い、再び布団に潜る私。

でも、必ず再び打ち寄せてくるのが腹痛の波。
それも第3波ともなれば、想像を絶するビッグウェーブです。

軽く8mはありますかね。




『もふぅ』

っていう、悲鳴にならない悲鳴を上げて厠へ直行です。
慌てているから柱の角に小指とかぶつけたり、テーブルの角に腰を打ち付けたり、おもちゃをふんずけて尻餅付いたりします。

こういう状態になると色々痛いですが、それらの障害により予期せぬお零れをしてしまうのが一番痛々しいですよね。

三十路過ぎてお漏らしはいけません。


たとえ神が許しても、嫁が許しません。







何ていうか。



何ていうかですよ。



・・・私は何でこんなに熱く腹痛について語っているんですか?






まぁ、いいや。
b0054283_1963546.jpg

<あはは、あはは、あはははは...



↑子供たちに白い目で見られる中、現実逃避をする男(午後14:30)



 デザイン&アートブログランキング
ありがとうございます。とても励みになります(^^)



結構、睡眠中に腹痛に悶える自分が好きだったりして<M!?
[PR]
by liner-s | 2006-04-06 19:25 | 管理人独走記事