創生地について

こんにちは。皆さん良い休日をお過ごしですか?
今日もお仕事の方がんばって下さいね、liner-sです。

今日はご飯を食べに行く前にブログを含めた創生地の活動について、改めて考えてみたいと思います。
気をつけて下さい。ちょっぴり真面目な長文ですよー(^^)




この創生地日記を付け始めて、早いもので二ヶ月に到達しようとしています。
ブログランキングに登録してからは二週間ぐらいかな。

ありがたい事に今、アート部門にて10位から25位の間をうろうろさせてもらってます。
一度でいいから10位以内に入って、あのミョウガ(?)をタイトルの横に付けてみたいです(^^)
でも、この創生地日記は今ぐらいの感じがほど良いのかもしれませんね。

何はともあれ、見てくれる方々がいるという事実は嬉しい事です。
またそれにコメントをもらえるという事は、至極幸せな事です。

これは、本体サイトである創生地にも同じ事が言えると思うんですよね。
創作者の方々の作品を展示する、それに価値を見出した人に販売する。
見てくれて嬉しい、購入してくれて嬉しい、発見できて嬉しい、入手できて嬉しい。
嬉しいとか楽しいとか、言葉にするのはとても安易ですが、それを日々心から感じられるような活動ができたらいいなと思います。
そして、そう感じられる事が、仕事として成立していければこの上ない幸せですよね。

“好きな事を仕事に”

これは誰しも願う事でしょうし、それを叶えるチャンスというのはゼロではないと私は思っています。
大事なのは継続させること。
継続させていくのには、色々問題もありますし、お腹を壊してしまうような苦痛もあります(^^)
でも、何かを続けていけば、きっといつか今までに味わった事の無い、楽しくも嬉しい世界が待っているように思います。

月日を重ね、色々圧し掛かるものが多くなってくると、少し疲れてきて希望を失いがちです。
私も来年三十路になりますが、現実をしっかりと見つめながら夢を忘れず生きていきます。

今後ともよろしくお願いしますね(^^)



ここまで読んでくれた人、本当にありがとう。

では、今日も一日笑顔で楽しく過ごしましょうねっ(^^)
[PR]
by liner-s | 2004-12-12 13:41 | 管理人独走記事